薬 空腹時

薬は空腹時に服用してもいいのか

空腹時や満腹時など薬を飲むタイミング

薬というのは病気を治療することが出来ますが使用方法が悪いと毒になってしまうことがあります。

ですので医師や薬剤師の指示に従い、用法用途を守って正しく使わなければいけません。

様々な病院を渡り歩き、いろいろな種類の薬を服用する人や、その反対に折角の薬を選り好みして服用する人がいますが、そのようなことは絶対にあってはいけないことなのです。

薬剤師というのは薬の服用の仕方につきまして、念入りに教えてくれることになりますので、理解をしたようなような気がしますが、あまり理解をすることが出来ない場合もあります。

そのような時のために、薬の常識をある程度知っておくことによって思い違いや間違いが無くなることでしょう。

貴方も知っておくことによりきっと役に立つと思います。

食前というのは食事の約30分前で、食後は食事が終わってから約30分までの間となります。

そして食間というのは食事の約2時間後のことを言います。

また、食直前や食直後というのは、一般的にそれぞれの食事の約5分前、約5分後を目安としています。

適切な服用時期としましては薬によって異なっていますので、必ず医師や薬剤師に確認をするようにしてください。

それではどうして薬によって食前や食後、食間などといった飲む時期が定められているのでしょうか。その理由としましては大きく次の3つに分けることが出来ます。

一つ目は薬の中には、食事そのものをターゲットとしているものもあるということです。

例えば、血糖降下薬というのは食事に伴う血糖値の過剰な上昇を防ぐ目的で服用をすることとなりますので、食直前や食前に服用する必要があります。

二つ目としまして解熱鎮痛剤などといった胃障害を引き起こしやすい薬の場合におきましては胃の中の食物が緩衝剤となり、胃粘膜障害を防ぐ役割を持っています。

最後に食事をすることによって消化管から薬の吸収されることとなる速さが変化し、その効果が強くなったり弱くなったりするケースがあります。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<

TOP PAGE